一口馬主おじさんの独り言

一口馬主歴9年目 相馬眼Gおじさんの独り言

MENU

キャロット2021年度追加募集馬の長所と短所を贔屓目なしにまとめてみた

f:id:yama2005334:20220409085859p:plain

シルクの追加募集に続いて昨年にキャロットの追加募集がキタ━(゚∀゚)━!

というわけでこの記事では6頭のメリットとデメリットをひと口評価を考察してみました

まとめに私が申し込んだ馬も晒しておきましたので最後までゆっくり見ていってね!

あくまで素人の一口メモ書きのようなものなのでご理解した上でご覧ください

 

 

追加募集の顔触れとひと口評価

ナムラバイオレットの20 牝

父 ファインニードル

母 ナムラバイオレット

母父 チーフベアハート

Danzig4×4

Mr. Prospector5×5

【馬体重】471kg

【体高】154.0cm

【胸囲】178.0cm

【菅囲】20.0cm

 

2/6生まれ 7歳時出産初仔 川向高橋育成牧場生産 ノーザンファーム空港育成

1口価格4.5万(募集総額1800万)

美浦 伊藤大士厩舎入厩予定

母ナムラバイオレットは中央2勝 

※サマーセール出身馬 840万でノーザンファームが落札

 

【ポジポイント】

アドマイヤムーンの後継新種牡馬ファインニードル

・適性はシンプルに考えるとスピードタイプだが引き出し型フォーティーナイナー系と母父もこちらも引き出し型タイプのチーフベアハート どういう馬になるか分からない一発要素有(ロードカナロアキンシャサノキセキパターン期待)

・母系にアメリカダートの血が入っているので様々な条件を試す下地有

ノーザン系クラブに来ないタイプの血統なので母馬優先できればめちゃくちゃでかい

・何と言ってもお値段お手頃

 

ネガポイント

非ノーザン生産で兄弟中央未勝利

・去年9月に左飛節OCD除去手術があったからなのか早生まれの割に成長できていない

入厩先が伊藤大厩舎 社台系の馬が少ない方なので大事には見てもらえそう 本馬の適性短距離実績も芝ダートともに悪くはない 下級条件でコツコツタイプ

※起用騎手はデムーロ,三浦皇成,杉原誠人が中心 社台系クラブで考えると田辺裕信 津村明秀 丸山元気 斎藤新 永野猛蔵が中心 人気上位になると横山武史 福永祐一を起用することもある

 

メリートの20 牝

ミッキーアイル

母 メリート

母父 Redoute's Choice

デインヒル4×3

Northern Dancer5×5

【馬体重】495kg

【体高】160.5cm

【胸囲】190.0cm

【菅囲】19.5cm

 

1/29生まれ 14歳時出産6番仔 ノーザンファーム生産 ノーザンファーム空港育成

1口価格5万(募集総額2000万)

美浦 黒岩陽一厩舎入厩予定

母メリートはオーストラリア産 5勝 

 

【ポジポイント】

母メリートはオーストラリアの短距離G1 TJスミスSウインターSを優勝

半兄には重賞で何度も上位に来ているキャンベルジュニア

ディープインパクト×ダンジグ系という最強ニックス メイケイエールの再来?

・ゴリゴリの短距離血統だが育成次第ではマイルくらいまでなら持ちそう

ダートも走るミッキーアイル産駒なので馬格があるのは〇

右飛節OCD除去手術歴ありながらも早生まれでそれなりに走れている

入厩先が短距離育成が得意な黒岩厩舎
※起用騎手は丸山元気,野中悠太郎,秋山稔樹,永野猛蔵 社台系クラブで考えるとルメール,デムーロ,川田将雅,戸崎圭太などトップジョッキーを起用している

 

【ネガポイント】

デインヒル4×3という少々濃いクロスを持っているため気性面の難しさは覚悟

ミッキーアイル牝馬にしてはデカすぎるのでワンパンチ足りない短距離馬?非主流タイプの短距離馬になりそう

・ダート替りになった場合、黒岩厩舎の勝ち星は芝に偏っている厩舎なので大舞台への期待値は低い

 

トウカイライフの20 牡

リアルスティール

母 トウカイライフ

母父 トウカイテイオー

Hail to Reason5×5

Northern Dancer5×5

【馬体重】496kg

【体高】161.0cm

【胸囲】185.0cm

【菅囲】20.0cm

※セプテンバーセール出身馬 ノーザンファームが1900万で落札

 

3/8生まれ 13歳時出産5番仔 広富牧場生産 ノーザンファーム空港育成

1口価格9万(募集総額3600万)

美浦 田中博康厩舎入厩予定

母トウカイライフは中央3勝 

 

【ポジポイント】

キズナサトノアラジンに続いて新たな父ディープインパクト×母父ストームキャット一族新種牡馬リアルスティール

・本馬と7/8同血の半姉ルーチェデラヴィタが2勝

・Pacific Princessがキングマンボ全弟Monevassiaに変わる⇒ダマスカスのパワーがミスプロのスピードに変わる?1/8程度の話ですが…

・ノーザンがわざわざセールで買っただけあって立ち姿や歩様は〇

入厩先がパワータイプの芝やダートの育成が得意なタナパク厩舎
想定騎手はトップジョッキーの起用が多く特に多いのが戸崎圭太 他にはルメール,池添謙一,津村明秀など 菅原明良,坂井瑠星など若手起用することもある

 

【ネガポイント】

・ルーチェデラヴィタは先行してそのまま押しきる馬力を生かした競馬をしていたが本馬は牡馬なので姉よりもパワー型となる ミスプロのスピードが補完してくれればいいが芝でスピード不足になる可能性有

セレクトセール出身馬だが価格がセレクトと同格 母系が明らかに非主流なのはほぼ間違いないのでなかなか手は出しづらい

 

ラクアミの20 牝

エピファネイア

ラクアミ

母父 ダイワメジャー

サンデーサイレンス4×3

Northern Dancer5×5×5

ノーザンテースト4×5

Hail to Reason5×5

【馬体重】480kg

【体高】157.0cm 

【胸囲】186.0cm 

【管囲】19.0cm

 

2/12生まれ 8歳時出産2番仔 ノーザンファーム生産 ノーザンファーム早来育成

1口価格10万(募集総額4000万)

栗東 石坂公一厩舎入厩予定

ラクアミは中央3勝

 

【ポジポイント】

・父エピファネイア×母父ダイワメジャーは10頭がデビューしておりそのうち4頭が勝ち上がり

・重賞馬モンドキャンノを始め産駒の10頭中7頭が勝ち上がっている超優秀なレイズアンドコール一族 

エピファネイアのトレンド サンデー4×3持ち

ノーザン エピファネイア牡馬 母系優秀でこの価格はかなり割安

入厩先はどの条件でもそれなりの結果を出している石坂厩舎

想定騎手は岩田望来,和田竜二,武豊,福永祐一,池添謙一,鮫島克駿,小沢大仁

 

【ネガポイント】

・480kgとそれなりの大柄の馬格に対して管囲が狭すぎる 

走っている姿も違和感(気性の問題?)

・割安の原因はこれ?

 

グランデセーヌの20

父 モーリス

母 グランデセーヌ

母父 ゼンノロブロイ

サンデーサイレンス4×3

Sadler's Wells,Fairy King4×4

【馬体重】478kg

【体高】152.0cm 

【胸囲】184.0cm

【管囲】19.4cm

 

4/9生まれ 6歳時出産2番仔 ノーザンファーム生産 ノーザンファーム早来育成

1口価格8万(募集総額3200万)

栗東 渡辺薫彦厩舎入厩予定

母グランデセーヌは未勝利 

 

【ポジポイント】

父モーリス×母父ゼンノロブロイ12頭がデビューしておりそのうち5頭が勝ち上がり

バウンスシャッセ、ムーンクエイク、コントラチェックを輩出したャロットおなじみのリッチダンサー一族

モーリス産駒らしいムキムキボディだが動かしてみると可動域が柔らかいのは〇

入厩先の渡辺厩舎はキャロットではおなじみ 

想定騎手 和田竜二,藤岡康太,松若風馬,鮫島克駿,ルメール,戸崎圭太

 

【ネガポイント】

セレクトセール欠場ということはそれなりの頓挫を経験している

母グランデセーヌは体質がかなり弱かった

本馬と100%同血の良血グランプレジールが未勝利

気性もなかなか難しそうな雰囲気

 

ウェイヴェルアベニューの20

ロードカナロア

母 ウェイヴェルアベニュー

母父 Harlington

Mr. Prospector4×5×5

【馬体重】465kg

【体高】160.0cm

【胸囲】180.0cm 

【管囲】20.0cm

 

3/13生まれ 9歳時出産3番仔 ノーザンファーム生産 ノーザンファーム空港育成

1口価格15万(募集総額6000万)

栗東 奥村豊厩舎入厩予定

母ウェイヴェルアベニューはアメリカ産7勝 

 

【ポジポイント】

母ウェイヴェルアベニューはBCフィリー&メアスプリントを直線一気の追い込みで優勝

半兄は朝日杯FSを制したグレナディアガーズ

手術歴もなしで測尺も問題なく軽く柔らかい走りは〇

半兄のアストロフィライトの価格を見れば妥当

 

【ネガポイント】

このレベルの超良血がサンデーでもなく追加募集になってしまった理由が不明

サンデーの血が一切入っていないことからダート馬になる危険性有

ダート替りになった場合、ロードカナロア産駒牝馬の大舞台への期待値はほぼゼロ

上2頭は中内田厩舎入厩に対し本馬は奥村厩舎 去年は芝で13勝をあげたがそれまではダートに勝ち星が偏っている厩舎

所属騎手は城戸義政 社台系クラブの想定騎手は西村淳也,藤岡兄弟,岩田親子,吉田隼人,幸英明,団野大成 トップジョッキーだと福永祐一,川田将雅,松山弘平を起用している    

 

 

まとめ

というわけで簡単に6頭の評価をしてみました

メリットがデメリットになってたりはたまたその逆もあり矛盾多き記事で申し訳ないですw

でも出資馬選びってそういうもんだから許してくださいw

 

最後に私の申し込んだ馬を晒しておきます

 

まず1頭目

メリートの20

出資確定したカイゼリンの20が募集中止になってしまったのでできればリオンディーズ産駒が良かったんですが似たタイプのミッキーアイル産駒ならキャロットさんが恵んでくれるかも…

 

2頭目 

ウェイヴェルアベニューの20

不可解な点もあるがそこまで悪いとは感じなかった

シルクや東サラにロードカナロア産駒の出資馬はいますがキャロットは別腹 

 

とはいえ通常募集で6頭も出資できてしまっているのでノーチャンスでしょうな…