一口馬主おじさんの独り言

一口馬主歴9年目 相馬眼Gおじさんの独り言

MENU

シルクHC2022年度募集馬をざっくり評価してみた 美浦前編

先日シルクホースクラブ公式から2022年度1歳募集馬申込が始まったということで今年も素人なりに評価していこうと思います

去年までは自分が出資したいお馬さんをランク別で紹介してきましたが、今年は無謀にも能力評価に重点を置いております

一応全頭の評価をしておりますがまとめる時間が取れないので表にしてみました

この記事では美浦の前半1~21番のお馬さんの中から中間発表で上位に来たお馬さんを中心にまとめています

yama2005334.hatenablog.com

22~43番も作成済みなのでそちらも合わせてどうぞ

 

あくまで素人の評価になりますので参考程度にご覧くださいませ

 

美浦所属 1~21 全頭評価

評価しているのはニックス、その他の血統要素、血統から来る体質、動画の印象、予想される適性と厩舎得意分野の相性です

評価についている±は私の主観で数字以上に良いものには+ 悪そうなものには-をつけています

過去1年間で各厩舎で社台系クラブ馬に複数騎乗した騎手を記載してみました 一口馬主DBとは少々異なりますが参考までにどうぞ

馬名 母父 性別 誕生日 1口価格 所属厩舎 体高 胸囲 管囲 馬体重 母年齢 手術悪癖 ニックス 血統加点 体質 動画 厩舎相性 主な起用騎手(過去1年間の社台系クラブ限定) ※カッコ内の騎手は厩舎所属騎手
リアオリヴィアの21 ロードカナロア ディープインパクト 1/19 10万 奥村武 149.5 167.5 20.5 406 5 A- C D C B 内田博幸 横山武史 ルメール 岩田康誠 北村宏司 大野拓弥 菅原明良
クードラパンの21 ロードカナロア ダイワメジャー 2/8 9万 武井亮 153.5 172 18.8 427 8 C C B C+ B 菅原明良
プチノワールの21 ロードカナロア Singspiel 4/24 10万 鹿戸雄一 148.5 168 19.7 392 16 B- A C B+ A 三浦皇成)(西塚洸二) 横山武史 ルメール 福永祐一 北村宏司 菅原明良
オープンウォーターの21 ダイワメジャー Include 3/13 7万 宮田敬介 156 178 20.7 484 12 B C B 戸崎圭太 ルメール 野中悠太郎 岩田康誠 丸山元気 津村明秀 横山武史 杉原誠人
トミカオロの21 ダイワメジャー Orpen 2/3 5.6万 手塚貴久 158 178 21.5 492 7 C C D C B (嶋田純次) ルメール 横山武史 津村明秀 石川裕紀人 秋山稔樹 横山琉人
ロッテンマイヤーの21 エピファネイア クロフネ 1/31 11万 林徹 156 176 20.2 459 8 D B E C B ルメール 池添謙一 津村明秀 秋山稔樹 横山武史 石橋脩 石川裕紀人 丸山元気
リピアーモの21 エピファネイア アドマイヤベガ 3/1 10万 木村哲也 157.5 179 20.4 475 16 B- B D B B ルメール 北村宏司 戸崎圭太 デムーロ 野中悠太郎 津村明秀 福永祐一 池添謙一
ブリスフルデイズの21 エピファネイア キングカメハメハ 3/31 8万 黒岩陽一 150 172 20 419 6 A C C D C 丸山元気 秋山稔樹 野中悠太郎 ルメール 津村明秀 吉田隼人 荻野極 石川裕紀人
メリーウィドウの21 ドレフォン ゴールドアリュール 2/28 8万 栗田徹 156.5 175 20.2 480 10 B B- C A B- ルメール 福永祐一 横山武史 横山和生
シャンクタラーの21 ドレフォン ゼンノロブロイ 4/10 5.6万 高柳瑞樹 152 173 19 452 8 B D E D B 石橋脩 横山武史 三浦皇成
サンデースマイルⅡの21 ドレフォン サンデーサイレンス 4/14 7万 尾関知人 154 172.5 18.7 420 18 B A C D+ C 戸崎圭太 横山武史 内田博幸 デムーロ 大野拓弥 武藤雅 ルメール 岩田康誠
キャンディケインの21 ハービンジャー ハーツクライ 1/14 4万 武市康男 153 173.5 20 462 6 E D D D D 菅原明良 田辺裕信 木幡巧也 石橋脩
ロゼリーナの21 モーリス キングカメハメハ 1/31 8万 田中康仁 156 178 21.1 440 8 A A D B- B- 三浦皇成 ルメール 横山武史 内田博幸 田辺裕信 津村明秀
ツルマルワンピースの21 モーリス キングカメハメハ 3/10 12万 大竹正博 168 183.5 21.3 526 13 A A D C- A 戸崎圭太 横山武史 ルメール 石橋脩 丸田恭介 菅原明良 田辺裕信 三浦皇成
ブレッシングテレサの21 モーリス マンハッタンカフェ 3/3 4万 嘉藤貴行 152.5 171 18.4 394 8 B B C E
クッカーニャの21 モーリス フジキセキ 3/27 5万 菊沢隆徳 154.5 173.5 21.5 435 12 D+ C+ C B B 菊沢一樹 デムーロ 永野猛蔵 横山和生 大野拓弥 三浦皇成
ラッドルチェンドの21 ドゥラメンテ Danehill Dancer 4/27 14万 国枝栄 159.5 171.5 20.2 449 11 A- C C A- A ルメール 戸崎圭太 横山武史 三浦皇成 菅原明良
ミスエーニョの21 ドゥラメンテ Pulpit 2/16 9万 林徹 163 178 21 446 14 C A- D B B ルメール 池添謙一 津村明秀 秋山稔樹 横山武史 石橋脩 石川裕紀人 丸山元気
ギモーヴの21 ルーラーシップ ハービンジャー 1/24 8万 手塚貴久 156 182.5 21.6 493 8 C B D+ B A (嶋田純次)ルメール 横山武史 津村明秀 石川裕紀人 秋山稔樹 横山琉人
レディバードの21 ルーラーシップ スマートファルコン 2/12 4.8万 宗像義忠 151.5 170.5 20 430 6 D+ C- B C+ 戸崎圭太 横山武史 丸田恭介 西村淳也 木幡育也 丹内祐次 丸山元気 菊沢一樹

 

 

オープンウォーターの21

出典 JBISサーチ https://www.jbis.or.jp/

血統面

母父は日本では馴染みのないヒムヤー系ですが曾祖母のFlandersBCジュヴェナイルフィリーズを制しており、母になると米国3歳牝馬チャンピオンのSurfsideを産んでいます

オープンウォーター自身も曾祖母には及びませんが国内に輸入される前に現地で重賞好走馬を産んでおり母系としてのポテンシャルをしっかり受け継いでいる模様

半兄のペモンディアルはブラックタイド産駒ながらセレクトセールで9000万(2000万スタート)と高い評価を得ていることから要注目

 

体質面

母の現役時代の詳細は分かりませんが3番仔と5番仔が亡くなっているようで高い評価はできません

 

動画を見た印象

youtu.be

youtu.be

ムキムキパワフルな馬体はいかにもダイワメジャーって感じなんですが、歩様がやけになめらかで父の特徴とは大きく異なる点がいろんな意味で不気味に感じます

 

適性と厩舎相性

ダイワメジャー産駒ながら距離はある程度持ちそうですね

入厩先の宮田厩舎は今年はここまで17勝と早くもキャリアハイ更新しています 

ただし得意分野は芝マイル~中距離なのでダイワメジャー産駒本来の適性ならば相性は微妙となってしまうのでできるだけ距離は持ってもらいたいところですね

 

まとめ

大好きなダイワメジャー産駒ということで文句なしで申込候補なんですが自分の実績から言えば100万ほど足らない気がするので出資できない前提で考えていこうと思います

 

 

メリーウィドウの21

出典 JBISサーチ https://www.jbis.or.jp/

血統面

母父ゴールドアリュールを持つドレフォン産駒は本馬の姉ヴァランシエンヌの他に4頭がデビューしていますがそのうち3頭が勝ち上がりしています

母系に活躍馬がいるわけではありませんが初仔2番仔ともに勝ち上がっているのはプラス材料ですね

母父ゴールドアリュールミスプロクロスとダート適性に突進力が加わっていながらな母系にはRivermanNijinskyといった芝でもやれる下地は十分あります

 

体質面

初仔ジュディッタは初仔らしく脚元に不安、ヴァランシエンヌは気性難があります

ただ本馬は待望の牡馬 繊細さは少しは緩和してくれると思います

 

動画を見た印象

youtu.be

youtu.be

既に血統通りムキムキで雄大な馬体とどっしりとした歩様をしています
かといって重苦しさは感じず程よい柔らかさがあるのも好印象 
現時点では減点材料はありません

 

適性と厩舎相性

適性は姉たちと同じダート中距離となってくるでしょう

入厩先の栗田厩舎ですが今年はタイトルホルダーで天皇賞宝塚記念を制覇しながらも勝ち星は10勝と伸び悩んでいます 

タイトルホルダーのイメージが大きいですが勝ち星としてはダートが先行している厩舎なので本馬の適性とはしっかりマッチしていますね

クラブ馬では大きなタイトルを獲れていなくて使い方にしても度々ボロクソ言われている厩舎なので狙う方は覚悟しましょう

 

まとめ

出資馬ヴァランシエンヌの全弟ということで募集が始まる前から申し込む前提で考えていました
ただ測尺や動画が良かったので人気は爆上がりしている以上オープンウォーター同様実績は足りないので抽優使うしか手はなさそうです

 

ラッドルチェンドの21

出典 JBISサーチ https://www.jbis.or.jp/

血統面

母父Danehill Dancerを持つドゥラメンテ産駒は5頭がデビューしマーガレットステークスを制したアスコルターレ他3頭が勝ち上がりしています

ただ繁殖に恵まれている感もあるので当然といっちゃ当然な気もしますか…

母は国内未勝利に終わったものの半兄にテルツェット 近親にリアルスティール、ラヴズオンリーユーがいる超良血

祖母にKingmamboの全妹Monevassiaがおりこの全兄弟クロスがあることでパワーが強調される 

全姉ダノンシュネラが芝だけではなくダートでも勝ち星をあげているので牡馬になれば尚更この傾向が強まるのではないか?

 

体質面

Kingmambo Monevassia3×3 全兄弟クロスがあるので多少なりとも体質面への影響が心配なところ

 

動画を見た印象

youtu.be

youtu.be

良血馬らしい好馬体で動域が広く特に後は踏み込みもしっかりしていて力強い歩様をしています
ただ4月下旬生まれなのでもっと大きくなることを考えるとやはりパワー型か?

期待される分野とは少々異なるような気もする

 

適性と厩舎相性

目標とする適性はもちろんクラシック路線でしょう

入厩先の国枝厩舎ですが去年はG1を2勝しているが今年は重賞2勝止まり ここまで21勝と例年と比べると物足りなさを感じます 

芝で走れるなら文句なし しかしダートでも勝ち星こそ少ないがハヤヤッコのような重賞で活躍できるお馬さんを送り出しているので問題はないでしょう

 

まとめ

動画と兄弟に重賞馬がいることを考えればこの人気も納得ですね 募集価格も高額なことから実績は500万なんて軽く超えてくるでしょう

ただ書いたように体質面やデカくなりすぎることでの適性など不安を感じる面も多々あるので見送り

 

ギモーヴの21

出典 JBISサーチ https://www.jbis.or.jp/

血統面

母父ハービンジャーを持つルーラーシップ産駒は3頭がデビューし勝ち上がっているのは1頭 しかしそれがプリンシパルステークスを制し3勝クラスも突破したバジオウ

Kingmambo系×ハービンジャーの勝ち上がり率は3割ほどで3歳世代注目されたドゥラドーレスを輩出しています

母は国内芝中距離路線で4勝 祖母はヒカルアマランサス 近親にカレンミロティック、ホウオウアマゾンいる優秀な母系 ニックスは微妙ですが芝で活躍できる母系の後押しがあるのは◎

 

体質面

初仔が突然死してしまっていることから体質には不安を覚えるもそのこともあってか本馬には5代目までクロスはないのはプラスととらえたい

 

動画を見た印象

youtu.be

youtu.be

母父ハービンジャーの影響を心配していましたが思いのほか筋肉質なド迫力な馬体をしていてビビりました

もちろん大型馬のリスクはありますが1月生まれとあってそこまで大きくはならないだろうしそれを支える管囲も太くしっかりしており問題なし

どっしりとしながらも重苦しさを感じない歩様なのでどのような成長を見せてくれるのか楽しみ

 

適性と厩舎相性

母が中距離路線で活躍していることからクラシックディスタンスでの活躍を期待したいところですがパワーに任せた馬場ならどんな距離でもゴリ押せてしまうような雰囲気有

入厩先の手塚厩舎ですが重賞には管理馬を送り出しているものの今年はここまで9勝止まりと絶不調 スピードタイプの育成は標準以上の実績はあるものの、本領発揮するのはマイル以上なので本馬との相性は◎

 

まとめ

祖母ヒカルアマランサスは好きな馬で近親のクインアマランサス スイートセント フレジエには出資した経緯があることから本馬も申込候補

よく見かけるルーラーシップ産駒とは違ったタイプなのでオープンウォーターと同じく意味で不気味さがあることからぜひとも出資したい

しかし本馬は募集価格もそれなりにするので富豪勢の狙い目にされるため今の私の実績からはとてもじゃなく無理な気がします