一口馬主おじさんの独り言

一口馬主歴8年目 相馬眼Gおじさんの独り言

MENU

バヌーシー2021年度追加募集 怪物アロゲート産駒‼近親コントレイル‼フォークロア2020をざっくり評価してみた

f:id:yama2005334:20211114041240p:plain

先日DMMバヌーシーの公式から2021年度追加募集予定馬フォークロア2020の詳細が公開されました
今回の記事ではそんなフォークロア2020の現時点で分かっている情報からざっくり評価して個人的に出資するか否かを考えていきたいと思います


あくまで素人の一口メモ書きのようなものなのでご理解した上でご覧ください

 

 

フォークロア2020血統について

f:id:yama2005334:20211113235625p:plain

フォークロア2020(Folklore)

アロゲートArrogate

フォークロア(Folklore)

母父ティズナウ(Tiznow)


2/25生まれ 17歳時出産9番仔? Taylor Made Farm生産

一口価格 3.75万(募集総額7500万)

栗東 矢作芳人厩舎入厩予定(所属騎手 坂井瑠星 古川奈穂)

フォークロアアメリカ産 BCジュヴェナイルフィリーズメイトロンステークス(2歳牝馬限定G1)を含む4勝 近親に3冠馬コントレイルがいます
※メイトロンステークスでは2着に14馬身差をつけて圧勝した模様

 

本馬はコントレイル、スワーヴリチャードの母父でお馴染みUnbridled's Songの直仔であるアロゲートBCクラシック、ペガサスWC、ドバイWC)を父に持つ

アロゲートミスプロ系の種牡馬ですが、国内で主流のキングマンボだったりフォーティナイナーの血が(父系には)入っていません 国内で活躍している同系の種牡馬にはダンカークUnbridled's Song直仔)、エンパイアメーカーUnbridled直仔)がいますね

 

うん、マイナーだわ(´・ω・`)

 

とはいっても本馬には世界最速と言ってもおかしくないFappianoの4×4、母系にカルストンライトオなどでお馴染みのスピード特化型のIn Reality5×5のクロス入っており、昨日阪神ダート1800mで大差勝ちしたジュタロウのようになる可能性は十分

news.yahoo.co.jp

 

父系も母系もアメリカの王道血統なので活躍の場は必然的にダート

最近の国内ダートは良馬場でも比較的時計が出やすい環境にあるので血統のどこかにヘイローやボールドルーラーの血がないのは若干不安

とはいえFappiano4×4のインパクトは大きい

 

フォークロア2020馬体・歩様について

www.youtube.com

 

www.youtube.com

体重 512kg    
体高 161.0cm
胸囲 186.0cm    
管囲 20.1cm

 

矢作先生が惚れるだけあって馬体も歩様も◎

胴が長く繋ぎが立ち気味なので適性は先ほども言ったようにダート中距離

10月末時点で馬体重が512キロ 実質3月生まれなのでもうちょいデカくなりそう

ただ本馬は母の17歳時高齢出産の仔なので脚元他にも体質面にはリスク大

 

まとめ

 

血統はダート世界王者×アメリカ2歳牝馬王者という夢があるものの国内では未知数

馬体・歩様は良く見えるものの高齢出産のため体質面不安有

厩舎は神 矢作先生のおねだり馬のため干される可能性は極めて低い

 

7500万募集と割高ですがまあギリギリ許容範囲といったところでしょうか

 

f:id:yama2005334:20211114040349p:plain

とはいっても自分はこの世代で既に27頭も出資できているので、無理に出資するつもりはありません

とりあえず即ポチはせず待てる時期まで前向きに様子見したいと思います

これからあるであろうシルク、キャロット、東サラの追加募集とワラウカドのフランケル産駒キトゥンズロアの2020との比較がまあ難しいだわ…(;´・ω・)

【出資馬レース展望】コラリン、京王杯2歳ステークス出陣

f:id:yama2005334:20211106000245p:plain

シルクホースクラブで出資しているダイワメジャー産駒の牝馬 コラリンが明日11/6 東京11R 京王杯2歳ステークスに出走します

 

 

コラリンについて

f:id:yama2005334:20211105202848p:plain

モルジアナの19 一口価格4万(募集総額2000万)

2/21生まれ 7歳時出産初仔 ノーザンファーム生産

母モルジアナは中央4勝

 

コラリンの戦績と前走

f:id:yama2005334:20211105210150p:plain

3戦2勝

前走は9/25 中山9R カンナステークス(芝1200m オープン)に出走し1着

f:id:yama2005334:20211105210217p:plain

隣の馬に驚いてスタートは出遅れるも行き脚はすぐについて先行集団のすぐ後ろまで取りつくことに成功
ルメールさんはロス覚悟で大外ぶん回しを選択 直線もふらふらしていましたが逃げ馬を残り100mで捕らえて快勝

勝ちタイムは当日の中山が時計の出やすい馬場だったことを考慮すると少々物足りない気もしますが近年のカンナステークスと比べるとそこまで変わらないのでギリギリ及第点といったところでしょうか

 

京王杯2歳ステークスのライバルたち

f:id:yama2005334:20211105211153p:plain

今年の京王杯2歳ステークスは14頭立て うち2勝馬4頭

コラリンは6枠10番からの出走となります

 

2枠2番 テーオースパロー
前走は10/17 もみじステークス(阪神芝1400 オープン)に出走 1着のカジュフェイスに0.6秒離されたものの今回人気の一角ジャスパークローネをゴール手前で捕らえて2着を確保

走破タイムが1:23.9 阪神芝1400未勝利の水準が1;22.0  タイム的に考えてしまうと未勝利以下ですがこの日の阪神は強い向かい風が吹いており良馬場でも走りにくいコンディションだったため度外視可能とみています

前々走未勝利の勝ちタイムは水準 脚質的にも府中は合いそうなので楽しみな存在 

だが夏場から休みなく使われているので前走からの上積みはどうか?

 

3枠3番 キングエルメス
前走は8/22 クローバー賞(札幌芝1500 オープン)に出走 1着のラブリイユアアイズに0.8秒離されての5着

走破タイムが1:29.9 札幌芝15001勝Cの水準が1:29.0 時計の出やすい馬場だったこと考えると物足りない 若干出遅れから押し上げることができず敗戦 気性の若さが露呈した模様

 評価されている新馬戦は見事な内容だったが、超高速馬場だったことを考えると少々過大評価気味な気もする

気性面の成長はこんな短期間では望めそうにないが間隔を空いたのは◎ 地力はある馬なのであとは輸送面をクリアできるかどうかですね

 

4枠5番 ベルウッドブラボー
前走8/7 ダリア賞(新潟芝1400 オープン)に出走 3番手追走から上がり33秒5の脚を使ってゴール手前でコムストックロードを捕らえて見事1着

走破タイムは1:22.0 ほぼ直線だけの競馬だったので他との比較はできないが内回りコースでこの上がりは優秀 33秒台の上がりといいダリア賞から京王杯に臨む過程といいアウィルアウェイと被って見えるのは私だけではないはず(笑)

 前走破ったコムストックロードですが、新潟2歳ステークスで0.4秒差の4着と好走したものの、続く1勝クラスを取りこぼしている そう考えると相手に恵まれた感は否めないような気もしますね 鞍上もデムーロ⇒丸山に乗り替わったことも気掛かり

 

6枠9番 レッツリブオン

前走は10/10 未勝利(東京芝1400m)に出走 スピードグラマーをゴール手前捕らえて初勝利を挙げています

勝ちタイムが1:21.4 東京芝1400未勝利水準が1:22.4 東京開幕週の超高速馬場だったとはいえなかなか見事な内容でした

大外枠から逃げたイグザルトが最初はゆったり入ったものの200mから11秒台連発する厳しい流れを中団で控えて直線では上がり33秒7を記録 緩い流れならもっと早い上がりを使えるだけに1勝馬ながら1番の強敵はこの馬かもしれない


7枠11番 ラブリイユアアイズ 
前走は8/22 クローバー賞(札幌芝1500 オープン)に出走  キングエルメスらを押し切って1着

勝ちタイムが1:29.1 スタートはぼちぼちながらもすぐさま行き脚がついて2番手追走から緩まない流れをそのまま押し切る見事な内容でした しかしキングエルメスで述べたように札幌芝15001勝Cの水準が1:29.0 当日の札幌が時計の出やすい馬場だったことを考えるとタイム的には平凡 新馬戦で札幌2歳ステークス3着のトーセンヴァンノには勝ったものの、クローバー賞のメンバーの次走が振るわない

ストロングポイントの器用さがそこまで必要とされない今回 果たして完成度の高いスピードでどこまで押し切れるか非常に楽しみではある

 

7枠12番 ジャスパークローネ 
前走は10/17 もみじステークス(阪神芝1400 オープン)に出走 1着のカジュフェイスに0.7秒離されての3着

走破タイムが1:24.0 緩まない流れを追走してバテてしまった印象 やはり適性は1200か? テーオースパローでも述べたがこの日の阪神は強い向かい風が吹いていたので未勝利以下の走破タイムは度外視 この馬も夏場から休みなく使われているので上積みはどうか?

 

8枠14番 ヴィアドロローサ
前走は9/5 すずらん賞(札幌芝1200 オープン)に出走 2着のポメランチェをゴール手前で捕らえて見事1着

勝ちタイムが1:11.0 札幌芝12001勝Cが1:09.5 札幌開催最終週ということもありやや時計が掛かる馬場だったことを考えれば及第点といったところでしょうか

馬戦は逃げ、2戦目は差しで勝っているように自在性◎ 直線が長くなる府中は歓迎で距離延長は問題ない超高速馬場にどれだけ対応できるかがカギ

 

7枠14番 シゲルファンノユメ
前走は9/25 カンナステークス(中山芝1200 オープン)に出走 勝ったコラリンに3/4馬身届かずの2着

コラリン同様に出遅れ 同じように外から追い込んで上がり最速を記録 コラリンとの差は位置取りだっただけに距離が伸びて逆転する可能性は大いにある

展望

太田助手のコメント

動きはいいです ただ、レースを使ったことで焦りが強くなっているフシがあるので、ゲートが懸念材料 東京の千四は、小回りの千二より競馬はしやすいです 展開に恵まれている印象ですが、実力がないと続けて勝つことはできないと思います

 

news.yahoo.co.jp

 

netkeibaの想定では単勝1.8倍と人気が被っているコラリン
最初に書いたように前走のカンナステークスは様々な不利はあったが勝ちタイムは平凡、また太田助手の言うように前走はハマった感がある 課題の気性面や馬体の成長もこんな短期間では期待できませんし、単勝1倍台想定は明らかに過大評価だと思います

それでも過去5年の京王杯を4勝しているルメールさんなら!

頑張れ!コラリン!

 

明日の出資馬出走予定 10/31 ゾディアックサイン&キタノインパクト

f:id:yama2005334:20211030201918p:plain

 

明日10/31は2頭の出資馬が出走を予定しています

f:id:yama2005334:20211030202449j:image

 

ゾディアックサイン(シルク) 東京6R 3歳以上1勝クラス 芝1600m

f:id:yama2005334:20211030193726p:plain

レネットグルーヴの18 一口価格8万(募集総額4000万)

2/11生まれ 8歳時出産2番仔 ノーザンファーム生産

曾祖母は女傑エアグルーヴ 近親に今年この世を去った2冠馬ドゥラメンテがいます

 

f:id:yama2005334:20211030195501p:plain

f:id:yama2005334:20211030193858p:plain

前走は3/20 中山6R 3歳1勝クラス 芝1600mに出走 勝ったシュヴァルツカイザーに1.0秒離されての10着

スタートは五分 行き脚もついてそのまま先行争いに加わるのかと思いましたが、ただただめちゃくちゃ掛かってるだけだったw  鞍上のタケシ騎手もなだめるのに必死でしたが結局全く折り合えず、そんなんでは直線伸びるわけもなく失速 タケシ騎手も残り150mくらいになると流してましたね

走破タイムは1:36.5(中山芝1600m1勝C水準 1:35.0) 時計の出る馬場ではないスローの流れだったことを考慮しても物足りない内容(レースになってないので分析するのも無意味に感じますがw)

そしてレース後、気性の改善が見られないということで陣営は去勢を選択 デビューから1年もたたずにこのような結果なってしまったことは非常に残念

ゾディアックサインのゾディアックサインがああああああ

 

f:id:yama2005334:20211030194426p:plain

7カ月ぶりの一戦は外枠7枠14番 鞍上は主戦のルメールさんに戻ります

去勢されてからは折り合いは良化 素人目には調教もパワフルな動きが戻ってきたように見えますが、萩原先生は「やってみないと分からん」とトーンが上がらない(萩原先生は厳しいからそこまで気にしなくてもいいとは思う(-_-;))

出走メンバーにはデイリー杯2歳ステークス3着のスーパーホープフラワーカップ4着のイズンシーラブリー、ワラウカドのディープ産駒ヴィアルークス古馬混合で結果を出しているレーヴドゥラプレリ、祖母がスイープトウショウビジューブリランテなど一筋縄にはいかない構成

ゾディアックサインは前脚に疲れが出やすい子なので続戦するのは期待できないので何とかメドが立つ走りを期待したい 初めての左回りが良い方向に向いてほしい

期待度 ★★☆☆☆2.5


キタノインパクト(バヌーシー) 東京9R 国立特別(2勝C) 芝1600m

f:id:yama2005334:20211030194843p:plain

ボンバルリーナの2016 一口価格0.73万(募集総額6500万)

1/12生まれ 10歳時出産4番仔 追分ファーム生産

母ボンバルリーナは中央2勝

 

f:id:yama2005334:20211030195443p:plain

f:id:yama2005334:20211030194919p:plain

前走は10/3 中山10R 茨城新聞杯(2勝C)芝1800mに出走 勝ったヴァリアメンテに0.3秒離されての2着

大外枠から五分のスタート 楽に先団に取りつき4番手で競馬を進める 3コーナーのカーブでは先頭を射程圏に入れ直線へ ジリジリと先頭の差を詰めるも外から差してきたヴァリアメンテにあっさり交わされゴール手前ではヒューマンコメディ、ナリノモンターニュが強襲してくるも何とか2着を確保

乗り替わったタケシ騎手には特に言うこともなく良い騎乗をしてくれたと思います 瞬発力で劣るのは母父シンボリクリスエスの影響が出ているようでもう現状ではどうしようもないのよね…
走破タイムは1:47.3(中山芝1800m1勝C水準1:49.0) 時計が出やすい馬場ということを考えても及第点の内容 上の戦績表を見てもらえば分かるがデビューしてからほとんど高いレベルで走れてるんですよね 上のクラスで見てみたい1頭なんですよね

 

f:id:yama2005334:20211030200112p:plain

キタノインパクトは2枠2番に入りました 鞍上は前走に引き続き横山武史騎手
前走のレース後の鞍上の「まだ走り切っていない」という進言から今回はより流れが速くなるマイルへ初参戦となります

出走メンバーには夏競馬で中団から末脚で未勝利、1勝Cを連勝してきているエスコーラ朝日杯FSでは1着と0.7秒差 古馬混合戦でも馬券圏内に来ているドゥラモンドなど少頭数ですが全く甘くはない構成

やってみないと分からない距離短縮 5度目の正直に期待!

期待度 ★★★☆☆

 

明日の出資馬出走予定 10/30 3頭

f:id:yama2005334:20211029214857p:plain

f:id:yama2005334:20211029215253j:image

明日10/30は3頭の出資馬が出走を予定しております

 

 

ネイリッカ(ノルマンディー) 新潟2R 2歳未勝利(牝) ダート1800m

f:id:yama2005334:20211029174721p:plain

ケージーナデシコの19 一口価格2.3万(募集総額920万)

3/7生まれ 7歳時出産4番仔 イワミ牧場生産

母ケージーナデシコは中央未勝利

※サマーセール出身馬

 

f:id:yama2005334:20211029175001p:plain

前走は10/16 新潟5R 2歳新馬 ダート1800mに出走 勝ったジャカランダに1.8秒離されての5着

出走メンバーは目立った良血馬がいるわけでもなくローカルらしく小粒な印象

好スタートから人気馬エグモントとハナ争い 結局ハナを切ることはできたものの前半で脚を使ってしまったようで向こう正面で早くも手ごたえが怪しくなり4番手に後退 そのまま失速するかと思いきや粘りに粘って5着でゴールイン

走破タイムが1:57.0(新潟ダ1800新馬水準1:55台) 脚抜きが良い馬場だったことを考慮するとかなり物足りない内容ですが、前半で絡まれたり新馬らしくフワフワしている部分があったようなのでこれからの巻き返しに期待したい

 

f:id:yama2005334:20211029181918p:plain

全体的にフワフワしていた前走ですが今週の追切ではそれも解消してきそうとのこと

ただも調教タイムが良かったわけではないので前走の走破タイムを考えると今回も勝ち負けを期待するのはちょっと酷かな…

しかしありがたいことに今回は牝馬限定戦 そして前走同様そこまで強い馬もいないメンバー構成なのでネイリッカ自身が最後まで集中して走ることができればワンチャンあるかも…?

期待度 ★★☆☆☆

 

リオンラファール(ノルマンディー) 東京2R 2歳未勝利 ダート1300m

f:id:yama2005334:20211029192242p:plain

ソラコマチの19 一口価格4万(募集総額1600万)

1/20生まれ 10歳時出産5番仔 村上牧場生産

母ソラコマチは中央1勝

 

f:id:yama2005334:20211029193117p:plain

前走は9/11 中山4R 2歳新馬 ダート1200mに出走 勝ったモナルヒに1.5秒離れての8着

こちらもネイリッカ同様にメンバーは小粒 直前の追切の内容が良かったからか1番任意に支持される

大外枠から五分のスタートもダッシュが行き脚がつかなかったが強引にハナ争いに加わる 結局ここで脚を使ってしまったこと、そして終始外を回らされたこと、ハナ争いにリオンラファールを含め4頭が絡んでしまったこともありラストは失速

走破タイムは1:14.1(中山ダ1200新馬水準1:13.前半)脚抜きが良い馬場だったことを考慮すると少々物足りない内容ですが、配されていた脚元の不安や喉鳴りは特に気にならないようだったのはホッとしました

 

f:id:yama2005334:20211029195904p:plain

調整中に気にならない程度の左肩の張りがあった模様 脚元、喉に加えてまたまた不安材料が増えましたね…(;´・ω・) 

ライバルは前走先着を許したオードゥメール、3戦連続ハナを切って掲示板確保しているカルーナブルガリ、出遅れて競馬にならなかったものの直線が長い府中が合いそうなクルールデュヴァンあたりになるでしょうか 楽な相手ではありませんが追切通りの脚が使えるなら勝ち負けになるはず…

前走で強引な競馬をしたことを踏まえて今回は脚を溜める競馬をするようです 矢野先生曰く、追えばズキューンと伸びる手応えがあるようなので期待したいですね(・∀・)

期待度 ★★★☆☆

 

レッドロムルス(東サラ) 新潟9R 3歳以上1勝クラス ダート1200m

f:id:yama2005334:20211029202853p:plain

レッドクラウディアの18 一口価格11.5万(募集総額4800万)

2/17生まれ 9歳時出産初仔 ノーザンファーム生産

母レッドクラウディアは地方交流重賞クイーン賞を含む5勝をあげています

 

f:id:yama2005334:20211029205059p:plain

f:id:yama2005334:20211029204852p:plain

前走は10/16 新潟3R 3歳以上1勝クラス ダート1200mに出走 勝ったマイステージから1.1秒離されての7着

隣の馬に驚いたタイミングでゲートが開きようで痛恨の出遅れ ラストはじわじわ伸びていただけにもったいない一戦となりました

走破タイムが1:12.4(新潟1200m1勝C水準1:11.後半)こちらも前に紹介した2頭と同じく脚抜きが良い馬場だったことを考慮すると少々物足りない内容 勝ち負けには程遠いが休み明けからレース内容は徐々に良化している 前走も不利がなければ走破ランクはギリギリ及第点くらいまでは走れていたはず…

 

f:id:yama2005334:20211029210834p:plain

調整中に馬体が減っていたのは心配 中1週なので大きなことは望むのはちょっと酷かも…

出走メンバーも1勝クラスで上位に来ている馬が多く前走以上に厳しそう… 時計短縮が難しそうなので馬場ができるだけ乾いて時計が掛かればいいんだが… 

期待度 ★★☆☆☆

 

 

【出資馬レース感想】レッドジェネシス、まさかの惨敗(´;ω;`)【菊花賞】

f:id:yama2005334:20211028111155p:plain

東京サラブレッドクラブで出資しているレッドジェネシスが10/24 阪神11R 第82回菊花賞に出走しました

 

 

レッドジェネシスについて

f:id:yama2005334:20211022044210p:plain

リュズキナの18 一口価格17.5万(募集総額7000万)

3/17生まれ 10歳時出産5番仔 ノーザンファーム生産

母リュズキナはアイルランド産 未出走?

 

これまでの戦績と前走

f:id:yama2005334:20211022044259p:plain

9戦3勝

ダービー11着から3か月の休養を挟んで迎えた前走の神戸新聞杯

ダービー馬シャフリヤール皐月賞・ダ-ビーともに3着のステラヴェローチェ青葉賞1・2着のワンダフルタウンキングストンボーイなど強敵が揃ったまさに試金石の一戦でした

 

f:id:yama2005334:20211028085050p:plain

有力どころが不良馬場に脚をとられるなか、レッドジェネシスは内からしぶとく伸びていったんは先頭に躍り出るもステラヴェローチェの末脚屈して1/2馬身差の2着に敗れました

本来得意でもない不良馬場をこなしたのはホントに驚くとともにひと夏越しての成長を感じました

 

菊花賞直前のジェネシス

f:id:yama2005334:20211028085651j:plain

f:id:yama2005334:20211028085723p:plain

皐月賞馬エフフォーリア、ダービー馬シャフリヤールが不在という小粒なメンバーで行われた今年の菊花賞

ジェネシスは絶好の5番枠をゲット 鞍上も位置取りが上手い川田騎手に戻るということもありステラヴェローチェやオーソクレースを差し置いてまさかの1っ番人気に支持されてしましたΣ(・□・;)

 

f:id:yama2005334:20211028093420j:plain

f:id:yama2005334:20211028093430j:plain

当日の場体重は前走から4キロ増えて494キロ 馬体を増やしてくれたのは良かったんですが… パドック、返し馬通じて落ち着きがない様子 おまけに発汗が凄い(;^ω^)

それでも川田さんなら… 川田さんなら…

 

菊花賞道中の様子

f:id:yama2005334:20211028094511j:plain

f:id:yama2005334:20211028094718j:plain

注目のスタート 全馬ほぼだったものの…

行き脚つかずまさかの後方に…/(^o^)\

 

f:id:yama2005334:20211028094901j:plain

1週目直線 最初の1000mはぴったり60秒で通過

タイトルホルダーが後続に4馬身以上つけて楽に逃げ、離れた2番手でエアサージュ、モンテディオ、グラティアスらがこれを追います ここで先ほどジェネシスより後ろのポジションにいたセファーラジエルが一気に仕掛けて2番手争いに浮上

オーソクレースは中団外 ステラヴェローチェとジェネシスは最後方を追走

 

f:id:yama2005334:20211028095911j:plain

向こう正面でステラヴェローチェが徐々に動いてオーソクレースのすぐ後ろまで進出

ジェネシスと川田はまだ動き出さない

 

f:id:yama2005334:20211028100211j:plain

3コーナーをカーブ

逃げるタイトルホルダーがまだまだ楽に逃げるなか、後方各馬は早くも手が動き出す

ジェネシスは… これは厳しいポジション(-_-;)

 

f:id:yama2005334:20211028100713j:plain

直線入口 タイトルホルダーがまたさらに後続の差を広げる

ステラヴェローチェ、オーソクレースも絶望的なポジション

ジェネシスはそれよりもまたさらに後方…OTL

f:id:yama2005334:20211028101133j:plain

残り200m通過

タイトルホルダーこれはもうセーフティー

真ん中から中断前目に構えていた牝馬ディヴァインラヴ、外からオーソクレース、ステラヴェローチェ猛追

ジェネシスは… 伸びない!\(^o^)/オワタ

 

f:id:yama2005334:20211028101612j:plain

f:id:yama2005334:20211028101630p:plain

結局ジェネシスは勝ったタイトルホルダーから1.7秒離された13着 言い方が悪いですが惨敗と言っていい内容

 

ざっくりレース回顧と感想

勝ちタイム 3:04.6(同条件が無いため判別不能

12.5-11.1-11.5-12.1-12.8-12.6-12.8-14.3-13.1-12.6-12.4-11.7-11.5-11.4-12.2(35.1-35.1)

 

川田騎手コメント

道中とてもリズムよく運べていました。レース前から苦しさを感じる返し馬だったので、調整過程で感じなかった前走の疲れが、競馬場にきて出た感じです

 

大江助手のコメント

道中の動きが、いつもと違いました。装鞍所やパドックはいつも通りでしたが、返し馬の後、落ち着かない様子でした。これからまだ良くなる馬ですし、距離が敗因ではありませんよ

 

news.yahoo.co.jp

 

まず言い訳からさせてほしい

トロールビデオを見ると

・スタート直後両隣のロードトゥフェイムとセファーラジエルに左右から寄せられ下げるほかなかった

・直線入口 外から追い込もうとしたときにヴァイスメテオールが外に膨れてきて追い出すタイミングがさらに遅れた

 

大江さんの言うようにいつものジェネシスではなかったうえにそれに加えての不利

まあ不利に関しては時の運なのでしゃーないとしても友道先生が直前の会見で自信満々のコメントを出していて蓋を開けたらレースに参加すらできなかった現実…

悔しい以外の言葉で出てこない

個人的な話になりますが惨敗のショックが大きすぎて体調を崩しブログの更新も遅れてしまいましたw

 

この大舞台に導いてくれた友道厩舎の皆様、しがらきの皆様、川田騎手、藤岡康騎手に心から感謝したい

そしてジェネシス

まだまだお前はこんなもんじゃないぞ!

とりあえずありがとう そしてお疲れ様!